雑線

電線スクラップとは、ビニール樹脂の被覆が付いたままの状態のさまざまな銅線のことです。銅は電気を通しやすい性質のため、オフィスや工場、家庭など様々な場所の電線に銅が用いられています。太さや種類も多種多様で、銅の割合「銅率」が高ければ高いほど高価に。

被覆をかぶったままの電線やエアコン管(クーラー配管)も高価買取いたします。詳しくは、千葉県の非鉄金属スクラップ買取「永瑞」へお気軽にお問い合わせください。

[銅率とは]
雑線の買取価格を決める際、その雑線に含まれる銅の重量の割合が必要となります。これを「銅率」と呼びます。「歩留り」とも。電線スクラップは銅相場の変動や銅の含有率(歩留まり)の割合により買取価格が異なります。

雑線とは

家電線、LANケーブル、コンピューター線、ナゲット加工用の電線類など、あらゆる被覆線を雑線として買取いたします。保護のためビニールなどで被覆された雑線の芯には銅が使われており、その銅を取り出しリサイクルいたします。建築の解体現場や電気通信工事、電線製造会社、配電盤・制御盤を制作している会社など、様々なシーンで発生する不要な雑線を高価買取いたします。

最新の雑線の
持ち込み買取価格
420

買取品目

被覆線・電線・銅線・VA線(VVFケーブル・F線・雑電線・ネズミ線)・廃電線・空調銅配管(エアコンパイプ/エアコン管)・家電線・家電コード・電源コード など